2020年5月22日金曜日

【CG】歩きと走りのアニメーション

コロナの影響で・・・

担当する大学の前期が不開講になってしましました(涙)

「コンピュータグラフィックス」の演習科目だったため、全ての学生がPCとAdobeのソフトウェアを持っていないと成立しないので致し方ないのですが、こちらとしてはオンライン授業対策をして、準備をかなりしていたので非常に残念です。

こんな授業をすれば学生は興味を持ってくれるかなあとか、いろいろ計画を練っていて、授業が始まるのを楽しみにしていたんです。学生もかわいそうだけど、教師もかわいそう。

なので、一部をここに記載しようかと。

歩きのアニメーション

アフターエフェクトで「歩き」を作るのは今まで結構難しかったのですが、
最近では有料プラグインなしでもかなり良い感じに作れます






















歩きはアニメーションの基本なので、アニメーターを志す人はぜひ覚えたいところ。私の教える予定だった学校では、アニメーターを志す人が結構多いので、とくに覚えておいたほうが良いと思いました。

Youtubeのチュートリアル動画を参考にしたのですが、歩きの作画がディズニー式だったので、学生にわかりやすいように日本のアニメでよく使われる定番の歩きの作画に直しました。海外と日本で微妙に歩きの作画が違うんは面白いですね。














これを手描きでやると、原画、動画、彩色、撮影・・・とムービーにするまで1日かかると思うんですが、アフターエフェクトだったら1~2時間程度で作れます。

とはいえ、アフターエフェクトだと簡単に作れると舐めてかかってはいけません!

歩きは作画自体が難しいので、アフターエフェクトの操作と一緒に覚えるのは授業としてはけっこう内容が濃いです。

走りのアニメーション

こちらは「走り」の作画です。





















こちらのほうが枚数(キーポイントを打つ数)が少なくて簡単かもしれません。












アフターエフェクトでキャラクターアニメーション

アフターエフェクトだと、このようなデフォルメキャラのアニメーションとなってしまいますが、顔や服装などを入れ替えできるメリットもあります。作画に比べて、アニメーション自体はそこまで難しくないし、キャラクターも壊れない。なにより授業内で完結できるのはありがたい。ビギナーには楽しく取り組める課題のような気がします。





2020年3月28日土曜日

【フォント】東京メトロの手書き文字

電車に乗っていると「このフォントなんだろうなあ」とよく思う金子です。

東京メトロの石原さとみさんが出ているCM。石原さとみさん、かわいいですね。

知り合いのクリエーターが「服装が奇抜すぎて集中できない」って言ってましたが、普通の人は気になるんでしょうか。

私は動画で使用されている手書きフォントのほうが気になっていました。職業病ですね。0:50で使われているペン文字です。このシリーズでは毎回使われています。

クリエーターが自分で書いたのか、もしかしたら有料フォントかもしれないって思っていたのですが、実はフリーフォントでした。

完全に一致してました。
しかも、自分このフォント持っていたし、以前使ったこともありました(苦笑)

ふい字フォント
https://hp.vector.co.jp/authors/VA039499/

ほかにも使いやすそうな手書きフォントがあります。デザインによっては手書き文字でっていう指定も多いから、こういう女性文字がフォントであるとかなり重宝します。ゴシックや明朝ではどうしても固いので、こういう石原さとみさんの言葉みたいなところでピンポイントに使うと親しみがわきますよね。




2019年12月15日日曜日

【結婚式】自分の結婚式ムービーを作って思うこと

12月7日に上映した結婚式オープニングムービーです。ついに自分のムービーを作りました😁



いつものアニメーションに加えて、冒頭にコマ撮りの実写を入れています。実写からアニメーションに乗り替わり、お互いのこれまでの道のりをイラストで見せていく流れです。出席したゲストの方々に関係する内容をたくさん盛り込んでいます。「自分が映っているの!?」というサプライズも。


最後に描かれている教会はカトリック麻布教会です。西麻布・六本木のビル街の中にあるのですが、とても雰囲気のある教会です。当日はあいにく小雨が降ってしまいましたが、逆に幻想的な印象に見えました。クリスマスが近いのでリースがかかっています。



余談ですが、挙式の時に「あめのきさき」という聖歌をお願いしました。当日の天候にぴったりの歌詞だと思い込んで浸っていたのですが、「あめ」は「雨」ではなく「天」なんですね。「あめのきさき=天の妃」。聖母マリア様を歌っているのです。僕を含め新郎側の参列者は同じように勘違いしていたのではないかと・・・😅

背景はいつもお世話になっている山田美伸さんにお願いしました。実際は手前に塀があって全体をカメラで収めることはできないのですが、イラストならば想像を駆使して自由に描けます。右のほうを森のように仕上げてくれました。白いバラは自分がリクエストしました😙 素晴らしい絵ですよね!教会の神父さんに贈る予定です。


内部はこんな感じです。2階から撮影していますが普段は入れません。ここから集合写真を撮影しました。



今回ムービーを作ることによって、自分のこれまでの半生を振り返るきっかけになりました。自分は小さい頃はマンガ書いていたり、高校の文化祭で作った映画が映像業界に入るきっかけになっていたんですね。事前に彼女からもヒアリングシートを書いてもらいましたが、奥さんがこれまでどんなことをしてきたのかを知ることができました。こういう作業はお互いのことを知るうえで大事だなあと思います。




2019年10月28日月曜日

【結婚式】「撮って出し編集」をやりました


先日、知り合いの結婚式の撮って出し編集をしました。



撮って出しは、兄の結婚式の時に一度やっただけ。普段から実写編集しまくっているから不安はさほどありませんでしたが、僕が前日までに注意したのは以下です。いくら編集に慣れていても、ここだけはしっかり抑えていないといけません。

・式場の上映機材を確認
・当日のスケジュールをチェック
・ネットで動画サンプルをチェック
・仮の動画を作成
・上映用のノートパソコンのチェック



【式場の上映機材チェック】
ブルーレイとかDVDが基本ですが、最近ではPC出しでもOKなところもあります。そういうところでは、必ずロケハンで自分のノートパソコンをケーブルと繋いでみて上映確認してください。HDMIケーブルかDーsubなのか? 当日映らなかったら最悪です。自分はロケハンの時にチェックできなかったので、新郎のmacboookをHDMIケーブルを繋いでチェックしてもらいました。

【当日のスケジュール】
いつ、どこでデータをもらって編集して、何時までに式場で準備するかを確認します。今回はカメラマンさんがいたので、SDカードを数回受け取って編集をするスタイル。式場スタッフさんには「この時間には必ずスタンバイしてください!」と念を押されました。

【ネットで動画サンプルをチェック】
普段撮って出し動画をやり慣れていないので、どんな構成でまとめているか業者さんの動画を見ておくのは大切です。特に同じ式場の動画を確認しておきました。今回は明治神宮〜明治記念館だったので、明治神宮の風景、準備、参進、挙式の風景、披露宴に集まる様子、披露宴入場〜などと頭の中で構想と立てておきます。

【仮動画を作成】
頭の中で構想を立てるだけでなく、ネットに上がっている動画をBGMに合わせてpremiereで編集してみると、構成がはっきりします。これをやっておくと具体的な尺や必要なカットがわかり、当日焦らなくてすみます。

【上映用のノートパソコンのチェック】
ノートパソコンを上映時とできるだけ同じ状態で試してみる必要があります。実際いじってみると、
・再生中にキーボードを触るとメニューが出てしまう
・カレンダーやアンチウィルスソフトのポップアップ通知が出てしまう
・OSアップデートのせいか?不安定になってPremiereの起動がなんか遅い
・SDカードリーダーやHDMI変換、マウスの電池や延長コードが壊れていないか

などと想定できるトラブルに備えました。本当はPCがクラッシュした際に備えて、ノートパソコンをもう一台ほしいところなんだけどね。

以上のことを前日準備しておいたので、当日はスムーズに編集できました。普段から映画やドラマの予告編集をしているので、大量の素材があっても使いどころを即座に見分けることができるのと、絵の並べ方の引き出しの多さが自分の強みです。時間が限られた現場では、Premiereのショートカットが使えないと厳しいと思います。私が編集した時間は2時間程度でした。

(編集用に用意された個室)


独り寂しく編集をしておりました(笑)

編集中に気をつけること

当たり前ですが、こまめに保存すること
もう一つ大事なのは、全体を繋いだらシーケンスを複製をすることです。一つのシーケンスで修正を繰り返すと、使いたい素材が見つからなくなることが起こります。編集v1、v2、v3…みたいにしておくとすぐに前の段階に戻れるし、尺調整で消したカットを簡単に見つけてコピペすることができます。



結婚式ムービーをかっこよく見せるテクニック

スローモーション
今回はカメラマンさんが時々スローで撮影していたのですが、スローモーションはとても雰囲気出ます。編集上でもスローモーションはできるので(ちょっと粗いですが)、尺を調整するのに使いました。

笑顔ショット
新郎新婦だけでなく、カメラを向けられた参加者も緊張している顔が結構多いですが、どこかに笑顔を作っている箇所があるので、そこをできるだけ拾ってあげてください。繋いだ時にとてもハッピーな動画になります。

さてさて実際の上映はどうだったのか。これだけ準備してもトラブルは起こります(涙)

当日、私が失敗したのは音声です。生演奏するので音声はなしだったのですが、プロジェクターの音声はオフにしていたにもかかわらず、上映中にmac自身から音声が出てしまって焦りました。音量をいじるためにキーボードを触るとメニューが出てしまうので、上映中はスピーカー部分を必死に手で押さえていました(イヤホンを差し込んで消せばよかったのですがね・・)

2019年10月1日火曜日

【仕事】安定したメンタルで制作するために

頭の中で言葉を使って思考する時、ネガティブなことを言わない!

これを思いついた時はノーベル賞じゃないか!と思ったのですが、もしかしたらすでに誰かが言っているのかもしれません。普段から言葉を使って思考しない方はこの先読まなくていいですっw そして、これはあくまで私の個人的な意見です。絶対正しいという保証はありません。

例えば、クライアントのギャラについて頭の中で考えます。

「ちょっとこのギャラ低すぎるなあ。1日の計算にすると普通にバイトするよりも安い。相手はこの作業が大変だって全然わかっていない。どうやって伝えればいいかな」

タイミング悪く、修正のメールが来た。

「えー、何で修正しないといけないの?映像のこと全くわかってないよ!直した後、やっぱりさっきの方がよかったね、とか言うんじゃないか。いやこれを直すと他のところが不自然になるに決まってる。そもそもこのギャラで修正が何度もあるのがおかしい!何で金曜日の夜にメールで連絡するのかな。休日にやれってことじゃないか」

と、頭の中が罵詈雑言で溢れ始めましたね。こんな具合に作業していると、だんだん相手に対して怒りに変わってきませんか? はい、もうこんな仕事したくない(苦笑)

頭の中の言葉はこだまします

言葉は頭の中で何度もこだまして、その声は大きくなっていきます。ちょっとしたことでも、だんだん腹が立って来て、いつの間にか自分では止められなぐらい相手に対して憎悪や嫉妬の気持ちになっていくのです。さらに、自分に都合の良いように解釈してしまう傾向にあります。そういう感情で仕事していると、つまらなくなってしまうし、自分自身の作品がかわいそうだと思いませんか?

だから私は、頭の中でネガティブワードは出さないように、極力考えないようにしています。出てきそうになったら、「あ、これはまずい」とすぐに思考を停止します。

匿名のSNSも同じです

匿名のTwitterで呟くこともできますが、は頭の中で言葉を言っているのと同じです。どんどん言葉が強くなっていき、憎悪や嫉妬が膨らんでいきます。いいねがつくと、自分の意見が正当化されてて、相手が完全に悪者になってしまいます。

では、腹が立つことがあれどうするか?

考えないように別のことに没頭する。運動して思考を一時停止して、ついでにストレスを発散させる。オーディブル(アマゾンの朗読サービス)や音楽で別の言葉を強制的に入れる・・・などをお勧めします。

逆に、ポジティブなことを言葉で思考するのはOKです。アイディア出しや空想遊び、スピーチのシミュレーションなどには最適なのではないでしょうか。「言葉の思考」はいろんなアイディアが出てくるし、感情に結びついて記憶に残りやすいと思います。

長くなりましたが、言葉の思考は科学的に分析されないから自分で実践して確かめるしか方法はないと思います。もう一度言いますが、今回の内容はあくまで私の個人的な意見です。




2019年9月30日月曜日

【仕事】クリエイティブな仕事は準備が大事

仕事は準備が8割って言葉もありますが、フリーランスでお仕事をしているとそれを感じることがよくあります。

フリーランスで映像制作を10年以上続けていると「準備」の大切さをとても感じるようになりました。それは集中力や作業効率に繋がっていると思います。自宅で作業していると、自分で仕事の時間をコントロールしないといけません。やろうと思ったのに、今日は思ったように進まなかった、やる気が出ないでダラダラしてしまった、起きたら午後だった・・etcというのを今まで何度も経験してきました。

若い頃は寝るとき以外作業してても頑張れたのですが、最近は机に向かうまで時間がかかってしまうし、机に座ってもネットサーフィン・・・なかなか作業を始められません(苦笑)。

そこで今では、準備になるべく時間を費やすようにしています。「その日は準備だけに当てる」という日があってもいいぐらいです。

なぜか?

準備しておけば実作業の集中力が保てるんです。作業中に「あれがない、これがない」と探し物をしたり、PCのデータの整理をし始めると、やる気がなくなってしまいます。

作業中には以下のことは極力やらないようにしています。

・資料を探す
・構想を練る
・フォルダの整理
・メールの返信
・PremiereやAeのプロジェクト(シーケンス)を作成。
・今回使用する素材の読み込み
・過去に作成したパターンをプロジェクトの確認&読み込み
・Winのアップデート
・アプリのアップデートとプラグインなどのインストール
・ワコムなどのハードウェアがアプリで作動しているかチェック

他にも、例えばPremiereで歌番組を編集する場合はシーケンスに各カメラの動画を同期して、シーケンスに並べたり、ラベルの色を見やすく変更しておいたりします。仕事によって準備の内容が違いますが、要はクリエイティブな作業がすぐ始められる状態にしておくことがポイントです。

こういう準備をしていると、半日とか1日余裕で過ぎてしまいます。

以上のことは、映像制作だけではなく、イラスト制作でもアニメーション制作でも一緒です。クリエイティブなお仕事ほど準備は必要だと思います。クリエイティブな作業に集中できるし、作業効率がとても良くなります。

「ルーティーンワークな準備」と「クリエイティブな作業」を明確に分けておくことが大事です

そうしておくと、「よしやるか!」というと気持ちが自然と湧いてきます。
準備やっておかないと、やることがたくさんある気がして、「やりたくないなー」という気持ちが増してしまい、なかなか着手できません。

やる気のハードル下げるために、ノートパソコンを付けっ放しにしてアプリを起動しておく人もいるそうです。これならば少ないやる気で作業を開始できます。

この話、Daigoさんのウィルパワーにも似ているところがあります。ウィルパワー=やる気です。無駄なところでウィルパワーは使わないことですね。



2019年9月29日日曜日

【撮影】フレーミングについて

大学の後期授業が始まりました。
「ショートムービー」の第1回ではガイダンスとフレーミングについて指導。

大抵のカメラは16:9ですが、
実写はこのフレームサイズに大きく制限されています。

例えば、人物を撮影する際にもいくつものフレーミングが考えられます。





日本や海外、業界によって呼び方が色々と違うんですけど、
とりあえず上の図の海外式で分類すると8種類。

これらを大きく3つに分類すると、

1段目はロングショット
2段目はミディアムショット(ニーショット、バストショット)
3段目、4段目はクローズアップ

超雑に説明すると、
ロングショットは状況説明や体全体のアクションなど
ミディアムショットは会話シーンとか、上半身の動作など
クローズアップは表情や感情を印象的に見せる時に使うことが多いです。

これが絶対ではもちろんありません。
前後のカットとも関係するので、例外は多数あります。
あくまでそういうことが多いっていうことで。

個人的な感想ですが、
日本ではBig Close やExtreme Close Upを使うのは
海外ほど多くはない気がします。
あまりアップで顔を映したがらないシャイな国民性なのか、
クローズアップの用語自体が不明瞭だから撮影時に意識されてないのか、
その辺りはわかりません。

授業では以下のムービーがとてもわかりやすいので
学生に見てもらっています。



学生には以下の課題を出しました。
「1つのシチュエーションで複数のフレーミングを組み合わせて撮影&編集」

例)ベンチでコーヒーを飲む
  廊下でスマホを鳴って電話をする 
  すれ違って肩がぶつかり難癖をつけられる

とりあえず先生が見本でささっと撮影して編集しました。
ロングショットとクローズアップの組み合わせです。


三脚が見切れてたり、先生なのに何も持っていないのとか、
その辺りテキトー(学生がそれをやると容赦無く指摘します)。

学生たちは、歩きスマホでぶつかって落としたり、
PCの画面をのぞいてリアクションしてたり・・色々やってました。
最初の授業にしてはみんなよくできてました。

どんな時にロングになったり、クローズアップになるのか
簡単そうに見えて、結構難しいです。演出の根本的なところに関わってくるので。
フレーミングは奥が深いところだと思います。