2019年4月12日金曜日

スライドショーの背景

背景に困るというのをけっこう聞きます

写真はサイズが横と縦が混ざるので、
縦横の写真に切り替わると、
背景が見えたり見えなかったりするので、
視覚的なショックが起こります。

ショックはつながりが悪くなり、写真に集中できなくなるので
少ないほうがいいです。
なので背景によって、大きく編集が制限されてしまいます。

私はシンプルな背景をお勧めしますが、
特に初心者におすすめなのは、黒か白です。

以下の理由です。

1編集でつなげやすい
 ディゾルブすれば、ホワイトアウトもしくはブラックアウトしているように見えて、
 違和感なくつながります。縦や横に切り替えるのもきれいにつながります。

2どんな写真にも合う。
 例えば、背景が青色だと青空いっぱいの写真を載せると見づらくなってしまいます。
 
3上映場所や観客を選ばない
 高級なホテルで上映するときや、年配の人が多い場合、
 あまりにも子供っぽい背景だったりすると
 少し浮いてしまうかもしれません

4写真を大きく見せられる。
 背景をデコレーションすると、それを見せようとして写真が小さくなってしまいます。
 それって本末転倒です。さらにテロップとかが入ると、見づらくないですか??


白と黒だとシンプルすぎないか?って思うかもしれませんが、
意外と大きなスクリーンで見ると、ごちゃごちゃしたものよりも見やすいです!
業者の立場からすると、派手にしてごまかしたほうが、
それっぽく見えるのですが、
でも・・・写真よりも背景が目立ってしまっていることも多いような気がします。




2019年4月7日日曜日

新郎新婦のために作るのではない

式場という非日常的な空間で、
テンプレートムービー見せられると
気持ちが冷めてしまうのは私だけでしょうか?

きれいすぎるというか、うますぎるというか
ちょっと冷たい感じがするんです

たとえばSNSの画面をパロッたテンプレートを見て
現実に引き戻される・・・
映画館じゃないのに、映画館のパロディで式が始まると
ここは映画館じゃないのに!って思ってしまうのは何故だろう

シンプルに見せればいいのに、場違いなものを見ている、
余計な情報が入ってしまう中途半端な気持ち・・
何でしょうか、これ。

単に自分が作っている側の人間だからかもしれません
こんなに気にしているのは私だけかもしれない。

でも、それ以外にも理由がある気がするんです

誰のために作ったのかよくわからないムービー

が、多すぎるのではないでしょうか。
問題はここだと思います。

ここはきちんと整理したほうがいいと思うのですが、

結婚式のムービーは、
新郎新婦のために作るのではなく、
出席者のために作るのではないのでしょうか。

えって思うかもしれない。

もちろん、その根底には新郎新婦を喜ばせることです。
だけど、それはあくまでも建前で、

新郎新婦のエピソードや人柄を素材として、
出席者を喜ばせるムービーを作るのが一番優先するべきことです

あ、これは私個人の意見なので、絶対ではないですよ

ムービーを新郎新婦の家で、
二人が思い出に浸るために流すのであれば、それでいいんですけど、

ムービーを流すのは披露宴会場
観客は出席者です!

食事をしている間、新郎新婦との思い出に浸る。
相手の情報を共有して、周囲との会話を盛り上げる。
ムービーはそういう目的で流すものです。

それに

出席者の半分はお相手のことを知りません

新郎の友達は、新婦のことを知らないっていうのがほとんど。
その逆もそうです。

だから、内輪だけにわかるコメントやストーリーでなく、
初めて見た人でもわかるように作ってあげなければいけません。

冷めてしまうのムービーは、
たぶんディレクター不在だからかもしれない。
テンプレートで生産はするけど、演出は新郎新婦に任されてしまう。

新郎新婦は、映像のプロではないから、
思い出が先行して、見づらい写真を出したり、同じような写真を並べたり、
場違いなテンプレートを選んでしまったり・・してしまいます。
しかも、新郎新婦で意見が合わないと、困ったことになりますね(苦笑)

そこは、作り手であるプロがきちんと意見したほう良いと思います。

写真の順番を変えるだけで、ストーリーが生まれて
見え方が全然変わることもあるんです。
結婚式場や、出席者によって、
映像は変えたほうがいいと私は思っています。

というわけで、

テンプレートムービーが悪いんじゃなくて、
流す場所、見てくれる人を考えて作ろうねっていう話でした。






2019年4月5日金曜日

価格改定のお知らせ

新年度になって早速ですが、
お金の話で申し訳ございません!

結婚式アニメを作り始めて、かれこれ10年近くなります。
毎年2〜3本、多い時では4〜5本作っていて、
合計30本以上作っていることになります。

今まで価格はそのお客様と相談してやっておりました。
ただ20万円以下になると結果的に、減額した埋め合わせを
自分の労働でカバーすることになっていました。

例えば、予算が10万円と言われても、
それでYouTubeにアップしていると同等のものは作れませんし、
省略したものになると、そのために構成を考え直さないといけません。

最近では20万円以上でないと断っておりましたが、
それでも根本的に作業量が多すぎて、赤字とは言えないまでも、
時給に換算すると、コンビニでアルバイトするよりも安い金額になっています。
実質2〜3週間作業しているので・・。

さらに

YouTubeにアップしているものは結構古いものなので、
現在のクオリティに比べると、はるかに劣ります。
私自身の絵が上手くなっていくと、下手なものは描きたくないので、
絵に対してもどうしても厳しくなっていきます。

もちろん、価格を抑えてテンプレートに当てはめた作品を売り出すことも考えました。
ただ同時に葛藤も起こりました。
それを私がやる必要があるのでしょうか? 

できるだけ、少数のお客様に対して時間を使い、
お二人のお話に耳を傾け、出席者の構成を配慮して、
作品のクオリティアップを図るべきだと考えました。

そういう事情もあり
2019年4月より価格を改定いたします。

20万円⇨28万円(税別)

ただし、5ヶ月前に申し込み(予約)して、
4ヶ月前にヒアリングシートおよび写真を提出していただければ、
25万円(税別)にいたします。

また、スライドショー(プロフィールムービー)やエンドムービーなどと一緒に
申し込まれた場合は、セット割引します。

大幅に金額が上がってしまい、
ご依頼を考えていた方は非常に申し訳ございません。
ただ今までがあまりにも安すぎたというのをどうかご理解ください。

内訳は以下の通りです。

・キャラクターデザイン 合計10体
(現在、幼少期、学生時代、職場、ウェディング衣装)3万円
・冒頭、歩き、ラストなどのアニメーション作画 8万円 
・歩きシーンの思い出イラスト(およそ30点) 5万円
・二人の思い出シーンのアニメーション(4枚構成) 3万円
・ラストの背景イラスト(式場や思い出の場所など)3万円
・編集加工 5万円
・DVD(ブルーレイ)の作成・パッケージ、チェックおよび郵送など 1万円

(※最近の作品を元に計算してます。
 YouTubeにはアップしておりませんのでご注意ください)

例えば、ざっくりとした計算してキャラデザは1体につき3,000円、
歩きシーンに流れるイラストも1枚につき2,000円以下の金額になります。
これらはクリエーターにご依頼するには金額的にかなり安いほうだと思います。

※かなり安い金額のココナラなどで発注する場合でも、
 プロのクリエーターに頼むと、これ以上の金額がかかります。

しかも、この金額には、
構成作業の料金は一切いただいておりません。

構成とは、この場合、コンサルティングというのでしょうか。
ヒアリングシートを元に、お客様と相談して、
アニメーションの設計図を作る作業です。

ここは、テレビ業界でディレクターをしていた経験を生かして、
普通のアニメーション作家にはできない私の強みでもあります。

「こういう話を入れた方がお二人の思い出になるのでは?」
「大学時代の出席者が多いので、当時のイラストを多めに入れましょう」
などと、クライアントさんに合わせてご提案しています。

こんな手間と時間のかかる作業をしているので、
どうしても金額を上げないと無理なのです(涙)
普通に企業からのお仕事を受けた方が、全然収入は良いのですが、
この結婚式ムービーのお仕事は無くしたくないなあと思って続けております。

たくさんは作れませんが、これからも年に2〜3本と続けていく予定です。

そういうわけで、価格改定のお知らせでした。
これでもキツかったら、また金額を上げてしまうかもしれませんが・・・、
とりあえずオリンピックまではこれで頑張ります!

2019年4月4日 金子修









2018年2月22日木曜日

スライドショーに高画質データをお願いする理由

解像度に関して、けっこう無頓着な人が多いのでメモします。
高画質データを送ってもらえるだけで全然クオリティが変わるんです。
どんな利点があるのか、いくつか挙げてみました。

ズームやパンなどカメラワークできる

パンとかズームとかするには拡大する必要があるので、
ギリギリのサイズだと拡大するとボケた写真になってしまいます。
元のサイズが大きければ、カメラワークの選択肢が増えます。
引きとアップの2カットにすることもできるし、
パンしたり、ズームしたり・・・。
集合写真とか、被写体の位置にズームしないとどこにいるかわからないですからね。

トリミングしても荒れない
素人が撮った写真はそのまま使えることは少ないので、
ある程度トリミングが必要です。
正直、そのまま使える画像のほうが少ないぐらい。
トリミングしたら(拡大するため)画質が落ちます。
低画質だったら、さらにひどくなります。

つまり、高画質のデータなら演出の選択肢が増えるんです。
低画質のデータは、サイズをいじることができずそのまま載せるしか方法はない。

だから、声を大にして言いたい。

高画質の画像を送ってください

では、どのくらいのサイズがいいのか。
テレビのHDサイズは1920×1080ですが
できれば、それぐらいか、それ以上ほしいです。
大きければ大きいほど良いです。

画像を右クリックして「プロパティ」でデータを見てください。
100KB以下のデータだったら、涙目です。

これって、ガラケーで撮影したの?って思ってしまいます。
詳細タブをクリックすると、サイズがわかります。






670×450ありますが、映像で使うにはけっこう厳しいです。

ちょっと脱線しますが、
DVDが720×480(640×480)だからって、
そのサイズの素材で編集すると
スクリーンに映したらボケた画像なのが一目でわかります。
最終書き出しが720×480(640×480)なので、
素材はもっと画質がよくないと拡大やトリミングなどに耐えられないです。

さて、話は戻りますが、
上記のプロパティにはdpiと書かれています。
これはdot per inchの略で、これが解像度です。
たいてい写真をスキャンするときは300dpiぐらいで取り込みます。
dpiを比べてもこの画像の画質が低いことがわかります。

では、高画質データはどれくらいか。
こちらの画像のプロパティを見てましょう















こちらは、写真をスキャンしたものをフォトショップで切り抜きました。

3.48MBとファイルサイズがぜんぜん違いますね!
大きさも2013×1392です。

サイズやdpiはよくわからないと思うので、
とりあえず目安は1MB以上のファイル。
それ以下だと、ちょっと怪しいと思ってください。

WEB画像と映像用の画像は全然違う

WEB画像は、100KB以下の低画質でも全然大丈夫なんです。
でも、それを映像で使うのはかなり厳しい。
わりとネットの画像を保存して、使ってほしいという人もいるけど
ネットの画像は圧縮されているからかなりデータが小さいです。


画像処理には限界がある

画像処理で何とかなりませんかと尋ねる方がいますが、
ある程度はできますが、できないものはできないです。
30kbぐらいのデータをいくら補正しようとしても、
元がスカスカなので補正しようがないです。

スクリーンショットでトリミングしてはダメ!

アナログ写真をスキャンした画像をなぜか、低画質で送る方がときどきいます。
スキャンしたものは、たいてい高画質です(設定を低画質にしていなければ)。
おそらく、その後に別のアプリなどで低画質化してしまった可能性があります。
実際あった例ですが、複数枚の写真をスキャンしたpdfを、
画像一枚一枚分けるために、winのスナップショットを使ってトリミングされていました。
スナップショットはディスプレイ画面をスクリーンショットしているので、
低画質になってしまいます。

スキャンしたpdfは、
フォトショップやGIMP、Macだったらプレビューなどの画像処理ソフトを使って
切り抜き>別名で保存 することで一枚一枚保存する必要があります。

ですが、素人の方が画像処理ソフトの使い方なんてわからないと思います。
一部のスキャナは、マルチスキャンという機能があって、
スキャンの段階で写真をバラバラに分けてくれる機能があります。
(キャノンだったかな)

もしくは、複数枚をスキャンしたpdfを、
べつのテキストにそれぞれの写真についてメモ書きして、
業者に切り抜きを任せたほうがいいでしょう。

ちなみに複数スキャンするときは、
時系列順に並べたほうが業者もわかりやすいかと思います。

今後はガラケー画像が課題

最近ではデジタル画像の提出が主流ですが、
幼少期の写真はアナログがまだまだ多いです。
アナログはスキャンすれば大丈夫。
一番問題なのは、ガラケーで撮った写真。これは本当に使いづらい。
しばらくは、ガラケー世代の画像がちょいちょい出てきますね。
(ちょうど学生時代ガラケーだっていう人けっこう多い)

まあ、あれこれ言ってももう遅いんですけどね(苦笑)







2018年2月20日火曜日

音楽は好きなものだけで選んじゃダメ

おひさしぶりです。
忘れないように、ちょっとメモ。

スライドショーの選曲の話です。

結論から言うと、
好きな曲だけで選ぶとうまくいかないケースがかなりあります。
いままでどんな曲でもOKと言って受注していましたが、今後はやめようかと。
まあ好きな曲で作れたら一番いいんですけどね。
色々な理由があるんですが、今まで悩んだことをいくつかあげてみます。

「2番のない曲が難しい」
1番→2番のある曲だと、新郎と新婦でまとめることができるのですが、
そうでないと、不自然なところで新婦の写真が始まってしまうので、
けっこうやりづらいです。同じ理由で、変な構成の曲はやりづらいですね。

「1分半という壁」
だいたい1分半ぐらいで1番が終わることが多い。
写真1枚3~4秒だとしても、22~30枚ぐらいです。
この枚数でもきれいにつながないと慌ただしくなります。
映っている人が出席するから・・・という理由で
けっこうたくさん提出されることがあるけど、入らないですorz
それよりも自分の写真にしましょう。

「間奏をどうするか」
やたら長い間奏があると、結構悩みます。
逆に、腕の見せ所的な場所なので、ここを遊ぶといい感じになる。
写真がたくさんあれば、新郎新婦で2画面で並べるのもよいですね。

「新郎新婦で写真枚数が違う」
これ、けっこうあるあるです。
なので、曲の後半は新婦(新郎)ばかりの写真にしてしまうという方法も
現実的にはありなのではないかと思います。バレないようにしれっと。

こういう面倒なことがあるので、
結婚式スライドショー向きの曲というのはあると思います。
いくら好きな曲でも、合わないものは合わない。無理なものは無理。
Mr.Childrenのサインとか、定番の人気曲があるのもその理由の一つだと思います。

あ、あと、
短い曲を使って3曲(新郎、新婦、二人)にまとめるというのもありだと思います。
これなら、曲の長さに厳密に合わせる負担が減ります。
もう一つ、曲の途中でフェードアウトでうまく消せば、それほど気にならないし、
そのほうが流れを変えられてよいこともあります。

以前、兄の結婚式でつないだBlue -The giftは、
結婚式スライドショーにぴったりでした。つないでいて気持ちよかった。
おすすめ。ご依頼の人は全て、この曲にしたいぐらいw

1番、2番おわったあと、
いい感じに新郎新婦のそれぞれの社会人の写真を交互には挟めて
盛り上がるところで、(出会った後の)新郎新婦の二人の写真に入り、
後半の静かな部分で、家族の写真出せたり‥としっとりした感じになり、
最後の最後で、2人の現在の写真で終わる‥とドラマチックな演出にできます。
しかも、曲のタイミングに合わせると、
自然と1~2秒の短く写真を刻める箇所があって
飽きないで見られるんですよ。(ずっと同じタイミングだと飽きる)

曲を選ぶときは、以上のことを気にしてみてください。
業者さんにお願いするときも、1曲で渡すのはやめて
2,3曲候補をあげて、どれがいいか聞くほうがよいかもしれませんね。
どちらも手間が省けるはずなので。








2017年9月1日金曜日

スライドショーは写真だけ見せれば装飾はいらないと思うんだけど

自分のスライドショーに対する信条は以下の通り。

・写真をしっかりと見せる
・テロップはあまり入れない

自主制作や業者のスライドショーを見ると
いろいろ凝っているんですが
装飾が多すぎて一番大切な写真が見づらいと思います。

できるだけ写真を動かさないで静止してじっくりみせてほしい。
(もしくはゆっくりズーム)

装飾にこだわって写真が小さいと
もっとアップしてあげて表情を見せてあげたいと思ってしまうんです。

テロップも同様。
そっちに意識がいってしまい、写真に集中できないんです
3秒とか短い尺だとテロップ読んでいたら次の写真に行ってしまう。
それに、業者のテンプレートに合わせて
無理やり付けたテロップは、なくても全然大丈夫だったりするんです。

余談ですが、素人が考えたテロップって読みづらい。
テロップって書き方がちょっと違うんですよ。
それはいつか説明しますが、
テロップのせいで台無しになることもあるんで気を付けてください。

いろいろ手の込んだスライドショーを見ると、
もっと写真を丁寧に見せてあげて!って思ってしまうことがたびたびあります。

本来ならば、

写真のつながりを意識したり、音楽のタイミングに合わせるだけで
背景や装飾なしでもしっかり見せられるはずです
トランジションもディゾルブだけで十分
カメラワークもゆっくりズームだけ

だけど、それだと飽きてしまうんじゃないか?

業者としてはテンプレートとして販売しづらいし
テロップも無理に入れないと不安になってしまうんでしょうね
作っている感じを出さないと・・という恐怖感

それって言い訳で、
しっかりと写真のつながりと、音楽のタイミングに合わせれば
十分見せられるはずなんですよ
上手くできないのは写真をきちんと選んで、並べていないからだと思います

例えるならば、料理に近いかも。
スライドショーは、
シンプルな味付けで素材を生かした料理でよいと思います。

さて、自分もスライドショーのテンプレートを作成しているので
この問題にぶつかって、ちょっと困っています
おそらく私に頼むのなら、イラストを入れてほしいと依頼人は思っているはず。
だけど、個人的にはスライドショーに
あまりたくさんイラストや装飾を入れたくないんです。

例えば、こんなのを今考えているんですけど
これでもキャラクターが写真の邪魔をしていると思ってしまうんです
(ちょっと神経質かもしれないけど??)










こっちは背景が真っ黒ですが、
写真に目が行くでしょう










まあ、好みによりますね。
あと使う音楽次第でかなり印象が違います

明るい曲だったら
イラストやキャラクターがあると楽しくなると思います
しっとりとした曲だったらあまり余計な要素入らないかも

以前、兄のために作ったものは背景がまっ黒でしたけど、
司会者の方に「今まで観た中で一番よいスライドショーでした」
と褒められました。

これはお世辞でしょうが、
その人、プロの司会者だからいくつも見ているはずなので、
その言葉は率直にうれしかったです。

まとめ。
写真に集中できないような邪魔な装飾はやめて、
もっと写真を大事にしてあげる。












2017年8月26日土曜日

スライドショーのご依頼について

キャラクターを組み合わせたスライドショーを
低予算でできないかなあとずっと思っていて、
それがやっと形になりそうです

近々HPに告知しようと思いますが、
10万円以下で作れるものを目指します




まだ、制作中ですけどこんな感じとか考えています。

時々、低予算で作ってほしいというメールが来るのですが
スケジュールや予算の問題で断っていました

youtubeの動画を見てご連絡くださった方には申し訳ないのですが、
さすがに10万円以下のお仕事を2週間かけて制作する厳しいです
フリーランスなので3~4日ぐらいで作成できないと、
生活ができないのが本音です。下世話な話ですみませんorz

自分が手掛けるムービーはテンプレにしづらいため、
今までそういう要望には応えられませんでした

だけど、

スライドショーにキャラクタを配置する方法ならできるかもしれない

スライドショーは今まで非公式では受けていましたが、
形がそのたびに変わっていたので、非常に作るのが大変でした

もう少し、効率よく作れるように
いま、いろいろと準備をしている段階です。

すでに何件か依頼が来ているので、それに合わせて
「結婚式スライドショー by アトリエ036」を公式に始めたいと思います

こういう(結婚式のような)機会じゃないと、
自分をアニメーションキャラにしようと思いませんもんね

よく見られるテンプレのスライドショーではなくて、
お二人にとって特別なものにしたいです

まだ始まったばかりでいろいろと決めることが多いのですが
新しいことを始めるのは楽しいです♪